犬の生食&手作り食を応援します♪ 犬用 生ドッグフード&おやつ

犬 本来の輝きのために 犬の生食&手作り食を応援します!
『グゥード』フード&おやつ商品一覧へ送料&支払方法など当サイトのお買物ガイドへ犬用生食ドッグフード『グゥード』について『グゥード』へのお客様からの声犬用生食ドッグフード『グゥード』によくある質問食事の事はもちろん、しつけやトラブルなど、どんなことでもご相談ください♪お問合せはコチラから♪
生食ドッグフード『グゥード』の定期コースの詳細はコチラ
ミニおやつプレゼント
『グゥード』を初めてご注文のお客様へ
送料無料!グゥードお試しセット
送料無料!グゥードお試しセット
初回限定! 生食 無添加 生ドッグフード 『グゥード』 6本入り お試しセット1980円(税込)
グゥードお試しセット商品詳細&ご注文はコチラをクリック
『グゥード』フード&おやつ商品一覧
愛犬用 国産 無添加 生食用ドッグフード『グゥード』 愛犬用 無添加 ヤギミルク グゥードのヤギミルク 愛犬用 国産 無添加 プレミアムジャーキー グゥードのおやつ
グゥードのオヤツ 訳ありセール
生食ドッグフード『グゥード』の定期コース 申し込みはコチラから
『グゥード』の保管&給餌方法
『カンタン犬の手作り食レシピ
犬の食糞対策
犬の涙やけ対策
デトックスについて
生食コンセプトブックお申し込み
『グゥード』のメルマガ登録へ
グゥード スタッフ犬によるブログ『スタッフ犬が行く!』
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

トップページ > よくあるご質問ととご回答 > 生食 グゥードバランス栄養食について

定期コースのご案内
通常のドッグフードとの違いは何ですか?
「グゥードバランス栄養食」は非加熱製造です。酵素や栄養素は、熱にとても弱く、48度以上の熱で死滅してしまいます。
一般的なドッグフード(ドライフード・缶詰・レトルト・半生など)は、いくら低温製造であったとしても48度以上の熱が加わった加熱食品です。
生食は、加熱したフードに比べ、プロバイオティクス、消化酵素を効果的に摂取できるため、消化・吸収が格段に良いのが特長です。
また、酸化防止剤・保存料・増量剤などの食品添加物および飼料添加物は一切使用しておりませんので、体への負担が少なく健康を増進します。
グゥードバランス栄養食は、完全無添加で製造しております。お取扱いの際は、一般的なドッグフードではなく、人間の食品と同じようにお取扱いください。
生食(ローフード)に変えるとどんな変化がありますか?
個体差はありますが、一般的には「体が引き締まった」「皮膚トラブルが改善された」「涙やけがキレイになった」「食糞が治った」「毛艶が良くなった」「体臭・口臭が減った」「ウンチの量が減った」「おしっこの臭いが気にならなくなった」「骨格がしっかりしてきた」などのお声を頂戴しております。
どんな食事でも、すぐに体質が変わる事はありません。体質改善をされる場合は、最低3〜6カ月程続けることをおすすめします。(デトックスが上手く出来ていない子や抵抗力・免疫が元々弱い子は、もっと時間がかかる場合がございます。)
お客様から頂いたお声もご覧ください!
http://www.goood.co.jp/fs/goood/c/voices
生なので、悪い細菌や寄生虫が心配です。食中毒にかかりませんか?
また、冷凍して酵素は死滅しないのですか?
人間は、生肉を食べて細菌に感染し、食中毒(細菌が消化器内で活動を始め、体調を崩す)にかかる事があります。
ところが、犬は消化器官が短いため、細菌が活性化する時間がありません。また、犬の胃酸は大変強力で、細菌を死滅させることができます。
寄生虫は十分な加熱、あるいは冷凍で死滅します。十分冷凍しておりますので、心配ありません。
また、酵素は48度以上の熱で作用が失われ始めます。冷凍の場合、低温を保つことで酵素を不活性化させます(=食材が傷まないということに通じます。)解凍する時点で酵素は再び活性化します。冷凍することで死滅することはございません。ご安心ください。
生食はやわらかいので、歯に良くないイメージがあります。
ドライフードは食べる時にカリカリと音は鳴りますが、歯の発育、健康な歯の維持に影響を与える程の固さはないと言われています。さらにドライフードは、加熱により熱に弱い乳酸菌や酵素など、口腔内を清潔に保つ大切な栄養素が失われているので、口内環境に良いとは言えません。むしろ、生食だと歯垢などがつきにくくなります。また、乳酸菌配合の為、グゥードバランス栄養食を食べる事により、口腔内にも乳酸菌が住みつき、歯石等の予防にも効果的です。
1週間ずつドライフードをあげた時と、生食をあげた時でどれだけ歯垢・歯石がつくのか実験をしてみましたが、明らかに生食の方が少なかったです。
一度お試し頂ければ、実感できると思います。
カロリーが低いですが、大丈夫ですか?
グゥードバランス栄養食は、一般的なドッグフードに比べ食事量やカロリーが少なめです。特にドライフードに比べると食事量はもちろん、カロリーもかなり減少します。しかし、生食は食材が全て「生」のため、カロリーは低く栄養価が高い事が特徴ですので、問題はございません。
例えば、鶏のササミ100gですと、
生の場合・・・重量100g カロリー105kcal 脂質0.8g
加熱した場合・・・重量80〜82g カロリー125〜127kcal 脂質1.0〜1.6g
になります。(日本食品標準成分表 抜粋)
このように、ササミを100g分の栄養を摂取しようと思ったら、加熱したササミの場合、約120g摂取しなければなりませんし、その分カロリーも脂質も上がります。生食は加熱された食品に比べ、量が少なくカロリーや脂質が少なく済むことがお分かり頂けると思います。
アレルギーを持っていますが、どう選んだらいいですか?
アレルギーの疑いがある場合は、血液検査で何に反応しているのか、きちんとお調べしていただくことをお勧めします。(1回の検査では判断出来ませんので、2か月ごとに血液検査をしてみてください。)但し、鶏肉がアレルゲンではなかったからといって、鶏肉ばかりを食べ続ければ、次は鶏肉に対してアレルギー反応を起こす可能性があります。
人間と同じように、犬も同一食材を長期間食べ続けると、その食材がいずれアレルゲンとなります。そのうち、「食べられる物が無くなってしまった」とならないように、食材循環方式(アレルギーがひどくならないように、摂取するたんぱく質の食材を1〜2カ月毎に変えていく方法)をお勧めします。食事療法においては、「アレルギー反応を引き起こす食材は、徹底して食事からはずす」ことが絶対条件です。
現在、アレルギーをお持ちでどれをあげていいのか分からない場合は、グゥードお客様相談室にご相談ください。
現在、チキンアレルギーです。シープやホースにも全卵・鶏骨が入っていますが、与えても大丈夫でしょうか?
アレルギーは「特定の抗原(=たんぱく質)」に免疫反応を起こすことで起こる症状です。鶏肉と鶏卵は、基本的には成分の組成が異なるため、同じものではありません。生の卵白に含まれる、アビジンというたんぱく質がビタミンB複合体の一つであるビオチンの吸収を阻害してしまいます。ただ、ビオチンがたっぷり含まれている卵黄と一緒にあげることで問題は解消されますので、全卵であれば全く問題ありません。
グゥードバランス栄養食には全卵で入っておりますのでご安心ください。
卵は、皮膚のビタミンと言われる程です。皮膚や毛を健康に保ちたい場合は、ぴったりの食材です。また、配合している鶏骨は、カルシウム分がほとんどでたんぱく質が少ないため、チキンアレルギーのワンちゃんにも問題は起こっていません。粉状に粉砕していますので、栄養分(特にカルシウム)の吸収もしやすい形になっています。ただ、ご不安がある場合は、少しずつ与えて様子を見てください。
「グゥードバランス栄養食」はどのステージに合いますか?
離乳食でも使えますか?
離乳食からシニアまで、すべてのステージに最適です。
食事量について」を参考に運動量・個体差を考慮し、与える量を調整してください。特に仔犬の時期は、体の基礎を作る最も大事な時期ですので、離乳期から与えることをお勧めしています。
離乳食についての詳しいお話はこちら
http://www.goood.co.jp/fs/goood/c/basic-rinyu
原材料の産地を教えてください。
グゥードでは、提携しております養鶏場や牧場がいくつかあり、製造時期によって、ローテーションしておりますので、飼育環境や季節により、お肉自体の色味や脂肪分などが変わってきますが、食材や食材の分量等は、一切変更しておりません。また、お肉以外の食材については、季節によってより品質の良い産地に変更しております。
各材料及び産地につきましては、こちらをご覧ください。
http://www.goood.co.jp/fs/goood/c/ingredients
本当に「安心・安全・無添加」でしょうか?
飼い主さんが食べられない物、または食べるのに抵抗があるような物をワンちゃんに食べさせられますか?
グゥードバランス栄養食をフライパンで加熱してぜひご試食してみてください!(人間と犬では消化器官の長さや胃腸の強さが違いますので、人間が食べる際は、生でのご試食は避けてください。)
また、グゥードのおやつについても、飼い主様がぜひご試食してみてください。素材そのものの味を味わって頂けると思います。
通常は、人間用の食品を製造しているISO 90001・14001認証取得の国内工場で製造を行っています。人間用の食品と同じレベルで厳密な検査も行っています。(http://www.goood.co.jp/fs/goood/c/domestic
添加物を入れると、1年中同じ状態の商品を製造することが可能ですが、グゥードでは完全無添加にこだわって全ての商品を製造しておりますので、毎回全く同じ商品を製造することが出来ません。何卒ご理解いただきますようお願いいたします。
「グゥードバランス栄養食」に替える時の注意点はありますか?
今まであげていたフードに混ぜて徐々に量を増やし、2週間程度かけて切り替えてください。
胃腸や腸内細菌は、新しい食事に慣れるまで2週間近くかかると言われています。どんなフードでも体内で少しずつ慣れさせていく事が大事なので、ウチの子は大丈夫!と体調やウンチの状態だけで判断しないでください。
これまでの食生活による消化機能や吸収能力の低下により、急な切り替えは胃腸に負担がかかってしまいます。無理をせず、最初は少し加熱することも一案です。徐々に生食に慣れさせてあげてください。
グゥードバランス栄養食を他の動物に与えても良いですか?
グゥードバランス栄養食は、犬の消化機能、食性に基づいて食材を組み立て、バランス良く配合しています。他の動物の食性を十分ご理解のうえ、お客様のご責任において与えてください。
例えば、獣医師によりますと、「必須アミノ酸」という動物が自分の体内で作ることが出来ず、食べ物から必ず摂らなければいけない栄養素があります。その数は、人が9種類、犬が10種類、猫はさらに多い11種類とされ、猫の必須アミノ酸にだけタウリンという成分があります。人と犬は、体内でタウリンを作り出すことが出来ますが、猫には出来ません。その為、食べ物から摂ることが必要となります。タウリンは当然生肉にも含まれていますが、それほど多くありませんので、タウリンの多く含まれている食材(例:マグロ・ブリ・サバの血合い肉、マイワシ、アジ、サンマ、ブリ普通肉、カツオなど)をトッピングされる事をおすすめします。
グゥードでは、犬以外の動物については、知識不足のため、お問い合わせ・サポートは承っておりませんが、お客様の中には猫、フェレット、ハリネズミ、フェネックギツネに食べさせている方もいらっしゃいます。現在のところ、問題が生じたとの報告はございませんが、お客様のご責任においてお試しいただければと存じます。
グゥードバランス栄養食の与え方について
グゥードバランス栄養食の取扱について
ご購入後によくあるご質問
該当がない場合は・・・
「持病があるけど食べていいのかな?」「ウチの子に合うかしら?」「初めての生食で不安・・・」など、ご質問やご不明な点がございましたら、どんな些細な事でも結構ですのでお気軽にグゥードお客様相談室までお問合せください!
フードジプシー経験のあるカウンセラーが親身になってご対応させて頂きます。
グゥードお客様相談室TEL:0120-51-6605